宇宙人のひとり言

日々感じた事のひとり言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

検査結果…基準値

皆さん、年に一回くらいは健康診断受けてますか?
専業主婦の方は旦那様の会社でのシステムがない限り、ついつい忘れがちですよね?

元気な時には病院は行かないもの…。いざ具合が悪くなって受診して、検査をすると結果が悪いと病名が付いたりします。

この血液検査の基準値の範囲・上限、下限が検査機関によって微妙に違うのはご存知ですか?
統一してほしいですよね~。海外と日本が違うなら理解できるのですが、日本国内で違うなんて…(・・?)
検査結果の診方や考え方も担当の先生によっても違いがあるようですね。
疑問を感じたり、合わないと感じたら、遠慮なく相談してみて下さいね。
先生も人間ですから…患者さんの不安や疑問に言われるまで気付かないこともあるんです!

ある大学病院の医学部の先生が仰っていました。
『昔から医療事故はあったよ。でもね、訴訟が増えたのは医師と患者さんとの信頼関係が無くなったからなんだよ』と。
スポンサーサイト

大耳小耳…情報色々 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<頭痛と頭の骨 | ホーム | 神様からお預かりしている命>>

コメント

そうなのね。検査機関によって、基準が違ったりするのね。
でもさ、分からなければ質問せよってこと自体がおかしいよね。あんな数値分からないもの。大人しいお年寄りなんて質問できない!
最初っから、結果の紙には、『これはきれいなおしっこを作る』、『これは血の流れを悪くする』みたいにさ、わかりやすくなればいいのになぁ

昔に比べると、医者と患者の信頼関係が減り、教師とも減り、隣近所とも減ってますよね。
残念なことだけど、一人一人が意識を持って接してればいつ日にか!!きっと!
おねりさんも発信しつづけてね
2009-05-29 Fri 13:50 | URL | ともちろよ [ 編集 ]
ともちろちゃん、コメントありがとう~!
最近やっと投稿やコメントを入れるコツがわかってきたおねりオバサンです!
(o^o^o)(o^o^o)(o^o^o)
でもね、きりっぴちゃんが教えてくれたモブログはまだ登録出来ないでいるの…。(/_\;)(゜U。)?

そうだよね…。人とのコミュニケーションが稀薄になったよね。ホンのちょっと外に気を配るだけでいいのにね…。

病院の先生方ももう少し告知の仕方や説明を患者さんの性格に合わせて伝えてほしいなぁと思ってしまうのでした!^ロ^;

でもね、夜明け前が一番寒いように、世の中がいい方に変わっていくためには、痛みも必要らしいよ…。病気になって健康でいられる事への素晴らしさ、感謝が生まれるように…。(^-^)
2009-05-29 Fri 21:14 | URL | 宇宙人・おねりオバサン [ 編集 ]
おはようございます。

今日はいい天気で、お日様が明るいです。

健康診断は毎年会社で受けていますが、最近引っかかるのはウェストの測り方です。(メタボと思われたくないです・・・)
でも、ウェストを測ると言うよりも、どうみてもヒップを測っているようにしか思えない(笑)。
看護師さんに言うと、あっているらしいですが・・・。
その他は悪い所はないです。
検査結果の紙を郵送されて、それを見ても数字の羅列で良いのか悪いのかよくわかりませんが。。
殆どAとあったので、要検査は一つもありませんでした。

こういう検査結果の通知に限らず、誰が見ても理解できるような形態にバリアフリーしてほしいです。
2009-05-30 Sat 06:59 | URL | イッチャんの父 [ 編集 ]
分かる~っ。あの数値の並び。
ワンコのもそうだけどさ・・・
獣医さんもそうだし、人間のお医者さんもそうだけど
「説明力」とか習ってほしいですよね。
技術だけではなくって、人間力みたいなの・・・

信頼関係を築けない人がこれからどんどん増えていくんでしょうね。
ある意味怖いかも。
前にテレビ見たら、女子高校生ってみんなで会ってる時も
携帯画面みて文字打ってるの。そんでしゃべってるの
あれには驚いた。


あれ?話題がそれちゃった。
2009-05-30 Sat 17:34 | URL | きりっぴ [ 編集 ]
イッチャんの父様、こんばんは。コメント、ありがとうございます。

(o^o^o)そうですよね?健診の胴囲はウエストではなく、ヘソ回りで測るので損した気分ですよね~!
^ロ^;
でもこれの基準値も理解できません!身長に関係ないなんて…。(・・?)

データの説明も医師や看護師さんが忙しければ、患者さんがわかりやすい説明をしてくれる専門のアドバイザーを置いてほしいですよね!
私が関わっている患者さんは希望されれば一緒に病院について行き、先生の説明が理解できていないときは後からゆっくり説明してます。
医師に限らず…在宅で使用する酸素の説明も業者さんによっては、ホントに足りないんですよ!ついつい口を出してしまいます!
(/_\;)
患者さん、みんな初めての体験?で戸惑っているのだから、もう少しその心情を汲み取ってほしいものですね。
2009-05-30 Sat 23:54 | URL | 宇宙人・おねりオバサン [ 編集 ]
きりっぴちゃん、コメントありがとう♪

ホントにね…患者さんの理解度に合わせた説明してほしいよね~。忙しいのはわかるけど、せめて初めくらいは…。(;^_^A

だから私が関わっている患者さんにはデータや薬の説明の用紙を持ってきてもらい、わからないときは調べて説明したり、アドバイスするようにしてます。こんな時代だからこそ、じっくり人と向き合いたいなぁと思うけど…ある意味これも自己満足です!へへへっ!
それに…今時の女子高生、聖徳太子よりスゴいね~!(o^o^o)私なんて、携帯いじってる時に話し掛けられたら、ミスだらけになっちゃうよ!(o^o^o)
2009-05-31 Sun 00:16 | URL | 宇宙人・おねりオバサン [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。